nav toggle
2016

※こちらは、2016(前回)の東京(新宿NSビル)開催の出店ブランドとなります

Pâtissier es koyama パティシエ エス コヤマ 日本/兵庫

パティシエ エス コヤマ 小山 進氏
美味を練り上げる。

メダルコレクターと見まがうほどの受賞歴の数々。その実力は権威ある審査員たちにさえも「味覚の錬金術師」と言わしめるほど。2015年度のC.C.C.の出品作品は「DESTINY 〜運命的な繋がり」をテーマにした4粒のショコラ。アルアコ族というコロンビアの民族が、初めて収穫から発酵までを手がけたというカカオと、日本が誇る加工技術や食材との出逢いを演出し、またも見事な大輪の花を大きな舞台で花開かせました。これからも「カカオティエ」として世界中のカカオ生産者と出会い最良のクーベルチュールを発見し、作っていきたいという小山氏。「上質な普通味」を核に至高の美味しさを練り上げます。

小山 進氏/1964年京都生まれ。2003年兵庫県三田市に「パティシエ エス コヤマ」をオープン。1500坪ある敷地内には、パティスリー、ショコラトリーなど7ブランドを展開。C.C.C.では、2011年から5年連続最高位を獲得。「味覚の錬金術師」と称される。また、2015年のインターナショナル・チョコレート・アワーズ世界大会では4作品が金賞、5作品が銀賞、1作品が銅賞を受賞。今、世界が最も注目するパティシエ・ショコラティエのひとり。

ITEM

PAGE TOP