2017

※こちらは、東京(東京国際フォーラム)開催の出店ブランドとなります

PÂTISSIER eS KOYAMA パティシエ エス コヤマ 日本/兵庫

パティシエ エス コヤマ 小山 進氏
美味の発見と想像の翼。

一見、意外と思えるマリアージュが、驚くべき美味しさを奏でるということ。小山氏のショコラをひと口食べた瞬間に、人は「味覚」の無限の可能性と豊かさを思い知らされます。例えば、干しぶどうを熟成させて作るペドロヒメネスというシェリー酒と、煮切ることで丸みをもたせた熟成調味料の「醤油」を合わせ、さらに熟成感のあるコロンビア産カカオの「シエラネバダ」のオレを掛け合わせるという爆発的な発想力。「熟成」されたもの同士が見事に共鳴し合い、味の「奥行き」や「深み」を完成させるという新鮮な経験を、私たちはこのショコラで味わうことができます。美味なる発見、想像力に満ちた味わいの旅路を、ひと粒のショコラが、今日も教えてくれるのです。

1964年京都市生まれ。2003年兵庫県三田市にショップをオープン。「上質感のある普通味」をコンセプトに、1500坪の敷地内にパティスリー、ショコラトリーなど7ブランドを展開。C.C.C.では2011年から2016年まで6年連続で最高位を獲得。「味覚の錬金術師」と評される世界的なパティシエ&ショコラティエ。

ITEM