nav toggle

サロン・デュ・ショコラ オフィシャルムック2015
12月18日(木)にいよいよ発売!抽選でプレゼントもあります! 2014.12.4

年に一度のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ 2015」を楽しむためのガイド、「サロン・デュ・ショコラ オフィシャル・ムック」2015年度版が12月18日(木)に発売されます。

img_event141204-1 新作を多数含む200点以上のチョコレートをすべて写真付きで紹介し、フランスを中心に、現地取材も行ないました。今注目のショコラティエ&パティシエへの独占インタビューをもとに、彼らのチョコレートの魅力を存分にお伝えします。サロン・デュ・ショコラファン、チョコレートファンに欠かせない1冊です。

今回、ぜひ注目していただきたいトピックが2つあります。

カカオ農園を通して見えてくるもの。
Bean to Barの核心に迫る旅

よりおいしいチョコレートづくりを求めれば、大切なのは「素材選び」。市販のクーベルチュールを加工することが主流であったショコラティエたちも、素材としてのカカオに注目しはじめました。
今までは専門の業者が行なってきたカカオの焙煎や、カカオの栽培からチョコレート作りを手がけようという動き———今注目の「Bean to Bar」スタイルを掘り下げるべく、取材班が初のカカオ農園取材を行ないました。
エクアドル、メキシコ、ベトナムのカカオ農園でカカオの収穫、発酵などの現場をリポート。Bean to Barの「本質」をお伝えします。

img_event141204-22
img_event141204-32

選考方法が大きく変わった
C.C.C.アワード受賞の注目ブランド一覧

img_event141204-4 FEATUREDの過去の記事でも紹介した通り、フランスの権威あるチョコレートの愛好家協会「C.C.C.(クラブ・デ・クロクール・ショコラ)のアワードの選考方法が大きく変わりました。本誌では今年のアワードを受賞したブランドや、参加した全180ブランドを一覧で掲載。もちろん、その中には日本のブランドも……。チョコレート好きには見逃せない情報です。

img_event141204-53 昨年から32ページ増やし、情報量もますます充実の「サロン・デュ・ショコラ オフィシャル・ムック2015」。チョコレートファンの皆さんのため、今回は特別にプレゼント企画も用意しました。
サロン・デュ・ショコラ開催が待ち遠しくなる1冊、どうぞお楽しみに!

img_event141204-6-2

サロン・デュ・ショコラ オフィシャル・ムック2015
(2015年度版/株式会社KADOKAWA/全160ページ)・・・・・1,000円(税込)
2014年12月18日(木) 発売予定

現在、ファッションヘッドラインにて、抽選で10名さまに「サロン・デュ・ショコラ オフィシャル・ムック2015」が当たるメルマガ会員向けキャンペーンを実施中しています。応募締切は12月11日正午まで。詳しくはこちらの記事から。

サロン・デュ・ショコラ オフィシャル・ムックを10名様にプレゼント

お詫びと訂正

「サロン・デュ・ショコラ・オフィシャルムック2015」内において、
以下の箇所に表記の誤りがありました。お詫びして訂正致します。

21p「ボワシエ」

  • チョコレート・エンジェル(4個入り)商品価格=(誤)¥3,160⇒(正)¥2,160
  • ボンボンショコラの名称=(誤)レモンのガナッシュ⇒(正)ライムのガナッシュ

39p「フィリップ・ベル」

  • ショコラ・アソート(11個入り)商品価格=(誤)¥3,880⇒(正)¥3,888

41p「ファブリス・ジロット」

  • レ ラング・ドゥ・シャ(15枚入り)商品価格=(誤)¥4,820⇒(正)¥4,320

65p「アンリ・ルルー」

  • セシュアンの説明文=(誤)四川胡椒⇒(正)四川山椒
  • 下段の本文21行目=クイニ―アマンやショコラだけでなく⇒クイニーアマンだけでなく

81p「総合1位」

  • ブランド名=(誤)帝国ホテル(スペシャリテ部門「カフェノワゼッと」)
    ⇒(正)パレ・ド・オール(ガナッシュ・ノワール部門「パレ ドオール チュアオ」)
    ※ラヴニューは1位(同点)で間違いありません。

90p「フレデリック・アヴェッカー」

  • 商品名=(誤)アソート タブレット シガル⇒(正)ショコラアソート シガル

121p「ノイハウス」

  • パッションフルーツの説明文=
    (誤)甘酸っぱいカシスのガナッシュとカシスの果肉。
    (正)パッションフルーツのガナッシュとパッションフルーツの果肉。
PAGE TOP