nav toggle
vol. 26

クリスチャン・カンプリニが
ハイアットリージェンシー東京で魅せる
珠玉のスイーツコース

ハイアット リージェンシー 東京(東京・西新宿)では、サロン・デュ・ショコラでも毎年大人気のフランスのM.O.F.ショコラティエ、クリスチャン・カンプリニ氏を招き、ペストリー ベーカー料理長の佐藤浩一(ひろかず)氏とともにプロデュースした期間限定スイーツを楽しめる“カンプリニ スイーツフェア”を2015年3月31日(火)まで開催中です。

Style: "Porcelain pastel"
クリスチャン・カンプリニ氏

img_featured_26-06
ペストリー ベーカー料理長 佐藤浩一氏

このスイーツフェアは、今年で3回目。例年、夏期に開催していましたが、今年からサロン・デュ・ショコラの開催に合わせて開催期間を冬期に移動、チョコレートファン、カンプリニファンには見逃せないイベントです。

3皿のデザートをコース仕立てでいただける「カンプリニ スイーツセット」を、「カフェ」(ロビーフロア・2F)にてじっくり味わいました。

コース仕立ての「カンプリニ スイーツセット」(3564円)。アミューズに3皿のデセール、プティフール、コーヒーまたは紅茶付き。

コース仕立ての「カンプリニ スイーツセット」(3564円)。アミューズに3皿のデセール、プティフール、コーヒーまたは紅茶付き。

クリスチャン・カンプリニ氏は、ショコラティエとしては数少ないM.O.F.の称号を所持しています。ニース郊外にアトリエを構えるカンプリニ氏は、エレガントな味と香り、色彩をまとったボンボンショコラやポップなデザインのギモーヴやシュケットなどで、世界中のガストロノミストを魅了。南仏らしいオレンジやレモンなどの柑橘をたくみに生かした素材使いにも定評があります。

スイーツセットはカンプリニ氏より2皿、佐藤氏より1皿のアシェットデセールをいただき、最後にカンプリニ氏のアイデアの詰まったプティフールを楽しむという趣向。
最初に、アミューズとして、カンプリニ氏によるバラと塩味、2種類の細長いシュケットが供されます。バラ風味にはフランス産のドライローズが使われ、ほのかな香り。塩味がほどよくきいていて、ワインにも合いそうな味わいで、スイーツへの期待感が高まります。

続いて、印象的なビジュアルのプレ・デセール「フルール・ド・オランジュのムース、オリーブオイルの香り イチゴのソース」。四角いクランブルでおおわれたホワイトチョコレートでコーティングしてある球体を、ぱりっと割ると中はふんわり軽いオレンジの花の香りのムースで、中からとろりと流れ出るのは南仏産のオリーブオイル。周りのイチゴのソースにはバラの風味が加えられています。

そして主役の一皿、グラン・デセールは「なめらかなマダガスカル産のショコラのクレム マンダリンオレンジのジュレとソルベ」。
細長いプレートに、南仏の花々がプリントされたチョコレートシートを巻いた濃厚なクレムー・ショコラ。スプーンですくうと、中にはサクサクのパールショコラが入り、絶妙のアクセントに。南仏を思わせるマンダリンオレンジのソルベ、ジュレの鮮烈な香りと酸味が、口の中をさっぱりとさせてくれます。
3月はこのグラン デセールが「軽いショコラ・オ・レのガナッシュ、柔らかなキャラメル ショコラのソルベ」に変わるため、ファンは見逃せませんね。

その後に続くのが佐藤シェフの手がけるアプレ デセール、「あたたかなイチゴのソテー サワークリームとグラスヴァニーユ」です。バニラのジェラートに「クレーム・エペス」という発酵クリームをのせ、メレンゲをちらした上から、バルサミコで風味をつけたイチゴのソテーをかけていただくという趣向。アイスクリームにイチゴの香りとほどよい酸味が加わり、締めくくりにぴったりの1皿。
最後にカンプリニ氏のアイデアが詰まったプティフール3種を楽しめば、身も心も満たされます。

「カンプリニ ショコラ エ ショコラ」(2376円)。チョコレート尽くしのスイーツ盛合せに、コーヒーまたは紅茶付き。

「カンプリニ ショコラ エ ショコラ」(2376円)。チョコレート尽くしのスイーツ盛合せに、コーヒーまたは紅茶付き。

もう少し気軽に、ショコラスイーツを重点的に楽しみたいという方には、ワンプレートのスイーツセット「カンプリニ ショコラ エ ショコラ」がおすすめ。カンプリニ氏のスペシャリテであるガトー「ディアマン・ノワール」と、「バール・ショコラテ“ミニ・ミディ”」2個にオレンジが香るドリンク、ショコラ・ショーというチョコレートづくし。こちらは1階の「ラウンジ」でいただけます。

また、ロビーフロアの「ペストリーショップ」では、「ディアマン・ノワール」などのプチガトー5種や焼き菓子、サロン・デュ・ショコラでも販売された「バール・ショコラテ“ミニ・ミディ”」などのチョコレート菓子2種も販売。手土産としてもおすすめです。また、プチガトーは「ラウンジ」や「カフェ」でドリンクとともにイートインも可能です。
優雅な雰囲気の中、伝統の中にモダンなスタイルを取り入れた、カンプリニ氏のスイーツの繊細な魅力を、存分に楽しんでみてはいかがでしょうか。

img_featured_26-03
プチガトー「ディアマン・ノワール」(627円)。

img_featured_26-04
「バール ショコラテ“ミニ・ミディ”」(4個 2160円)。

※掲載の記事やブランドは実際の出展とは異なる場合がございます。予めご了承ください。

PAGE TOP