ARCHIVES

春の訪れを告げる“イースター”を祝う
限定スイーツをチェック!
〜その1〜

2015.03.26

西欧諸国では、クリスマスに匹敵するほど盛大に祝われるイベントが「イースター」(復活祭)。フランス語では「パック」と呼びます。イエス・キリストの復活を記念する、キリスト教ではとても重要なお祭りです。イースターは暦によって変動し、2015年は4月5日(日)がこの日にあたります。

イースターを象徴するのが、生命、復活の象徴である「卵」と、多産であることから豊穣を象徴する「ウサギ」。
これらをモチーフにした限定スイーツが、各ブランドで展開されます。明るく春らしいデザインのパッケージに包まれた、この時期だけの限定スイーツを楽しめば、待ち望んでいた春の訪れの嬉しさが、いっそう感じられることでしょう。2回に分けて、イースター限定スイーツの魅力をご紹介します。

ピエール・エルメ・パリからは
美しい卵型とウサギのチョコレート細工が登場

まずは「ピエール・エルメ・パリ」のイースター限定スイーツをご紹介します。
思わず見とれてしまう卵型のチョコレート細工のシリーズは、ツタが卵にからまる様子をダークチョコレートで表した「ウフ テオブロマ」など、14㎝から24㎝まで、数種類のサイズを用意。カラフルにラッピングされた小さな卵型のチョコレート「プティ ウフ」は、ヘーゼルナッツ入りの「アンフィニマン プラリネ ノワゼット」と、オリーブオイル風味の「コルソ」の2種類が入っています。また、「ラパン ア ラ オット」など、リボンを添えたウサギ型のチョコレートは、ビターチョコを使ったものと、ミルクチョコを使ったものの2種類を、数種類のサイズで販売します。

img_featured_32-01 「ピエール・エルメ・パリ」の「ウフ テオブロマ」(Lサイズ6480円、Mサイズ4320円)、「プティ ウフ」(1944円、以上税込)。

img_featured_32-02 「ラパン ア ラ オット」(4320円税込)。いずれも店頭販売期間は4月24日(金)までの予定。ピエール・エルメ・パリ 青山 ほか、直営ブティックにて販売。

アンリ・ルルーがイースターを祝う
キュートなウサギのチョコレートを

「アンリ・ルルー」からも、愛らしいイースター限定アイテムが登場です。“復活祭おめでとう”という意味の「ジョワイユーズ・パック」は、たまごの着ぐるみをきた愛らしいウサギがタブレットをほおばっている、笑みがこぼれるデザインのチョコレート細工。ブラン(ホワイト)、ノワール(ダーク)、レ(ミルク)の3種のチョコレートで作られており、チョコレート好きの心をくすぐります。さらに、たまごのチョコレートの中には、小さな貝や魚の形をした、かわいらしいチョコレートが潜んでいます。こうしたお楽しみもイースター菓子ならでは。「フリチュール・ドゥ・パック」は、春らしいパステルカラーのボックスに、たまごや鳥、うさぎ、鐘をモチーフにしたノワール、レ、ユズマッチャの3種のプチサイズのチョコレートが入っています。どちらも受け取った人の笑顔が浮かんできそうな、楽しい1品ですね。

img_featured_32-03
「アンリ・ルルー」の「ジョワイユーズ・パック」(2160円税込)。4月21日(火)までの販売予定。東京ミッドタウン店、伊勢丹新宿店、髙島屋玉川店にて販売。
img_featured_32-04
「フリチュール・ドゥ・パック」(1944円税込)。4月21日(火)まで、伊勢丹新宿店にて販売。

次回はウイーン、ドイツ、日本のブランドから、イースター関連アイテムをご紹介します。

※掲載の記事やブランドは実際の出展とは異なる場合がございます。予めご了承ください。

2015