ARCHIVES

いよいよ開催!サロン・デュ・ショコラ2016

2016.01.29

1月27日(水)に華やかに開幕した「サロン・デュ・ショコラ」。前日となる 1月26日(火)、新宿NSビルでプレスプレビューが開催されました。

img_featured_46-01

まずは、パリのサロン・デュ・ショコラの運営団体、イベント・インターナショナルのフランソワ・ジャンテ氏、シルヴィー・ドゥース氏が壇上で揃って挨拶。

img_featured_46-11

「東京で第14回目のサロン・デュ・ショコラを開催することができ光栄です。アルチザン、職人の証である創造性、前衛主義、革新的なものを満たす力を讃える場となるでしょう。世界中から集まったアルチザンたちがカカオの豊かさを表現するために創意を競い合います。素晴らしいショコラを味わい、ショコラがもたらしてくれる幸せをみなさんが実感してくれることを願います」と語りました。

続いて、物心がついたときからチョコレートを食べない日はないという2016年のショコラアンバサダー 楠田枝里子さんがチョコレートへの思いを語りました。

img_featured_46-10

パリのサロン・デュ・ショコラでも恒例の「ショコラファションショー」では、本物のチョコレートを施した華やかなドレスが披露されました。

img_featured_46-02

古代、中世、未来のシーンが表現され、3Dプリンターで作られた未来のドレスや、サロン・デュ・ショコラのイメージキャラクター「王女ラティエ」の全て食べられるチョコレートで作られた豪華なヘッドピースなどが注目を集めました。ドレスは期間中、会場内に展示されています。

img_featured_46-12

img_featured_46-13

その後は、こちらも恒例となったサロン・デュ・ショコラ出店ショコラティエの登場です。名前を呼ばれたショコラティエたちが、次々とレッドカーペットを通って登場。
53名のショコラティエが全員壇上に登り終わると記念撮影が行われ、「サロン・デュ・ショコラへようこそ!」のかけ声とともに紙吹雪がきらびやかに舞い、サロン・デュ・ショコラの開幕が宣言されました。

img_featured_46-07

プレスプレビューの後、午前10時からはエムアイカード会員限定の先行販売会が行われましたが、会場前には長い行列ができ、中には朝6時から並んだというファンも。

img_featured_46-14

1月27日(水)からの会期中もチョコレートを愛する人たちが集まり、例年以上の大きな盛り上がりとなっています。

img_featured_46-06

<ショコラコーディネーター 市川 歩美>

※掲載の記事やブランドは実際の出展とは異なる場合がございます。予めご了承ください。

2016