ARCHIVES

ピエール・エルメ・パリ 青山がリニューアルオープン

2016.12.22

ピエール・エルメ・パリ 青山が、2016年12月17日にリニューアルオープンしました。日本の旗艦店として、革新的なブティックが青山にオープンしたのは2005年のこと。それから12年余りの月日が流れ、更なる未来を見据えた、全く新しい空間が誕生しました。

「ピエール・エルメ・パリ 青山」1F Photo by Akihide Mishima

ブティックを訪れたら、すぐにその変化に驚くことでしょう。まず目に飛び込んでくるのは大きなカウンターと、店内で焼き上げたヴィエノワズリー、マカロン、ケーキです。1Fは、日常を彩る「味覚の喜び」を表現した空間。店内のカウンターでコーヒーや紅茶とともに、これまで以上にスイーツを気軽に楽しむことができます。

「ピエール・エルメ・パリ 青山」1F

ショコラファンが注目したいのは、これまで以上に充実したショコラのショーケース。各種ボックスに加え、ボンボン ショコラが初めて単品販売されるようになり(※単品販売は3月中旬以降予定)気分に合わせて選ぶことができます。ブックレットを選ぶような気分で購入できる、タブレットのラックもスタイリッシュ。

タブレットのラック

タブレットのラック

ピエール・エルメ氏

リニューアルにあわせてピエール・エルメ氏が来日。2Fは、デセール ア ラシェットを提供する、オートパティスリー(高級菓子)の体験空間「Heaven」に。

ボンボン ショコラ 14個詰合わせ“アムール”5670円(税込)

ボンボン ショコラ 14個詰合わせ“アムール”5670円(税込)※5個、8個の詰合わせも同時販売

青山ブティックをはじめ、サロン・デュ・ショコラでも販売される、注目のボンボンショコラのセットは、ニコラ・ビュフによる特別なボックス入り。新フレーバー「オマージュ」はミルクチョコレートとマロンを合わせたガナッシュに洋梨のパート ド フリュイを重ね、ミルクチョコレートコーティングしたもの。「アンフィニマン プラリネ アマンド」も今シーズン初登場です。

「常に<味覚・感性・歓喜の世界>の“今”を提供し続けたい」と語るピエール・エルメ氏。これまで培ってきた揺るぎない「技術」と「交流の輪」に“今”を織り交ぜ、未来に向けて新しいスタイルが青山から発信されていきます。

<ショコラコーディネーター 市川 歩美>

※掲載の記事やブランドは実際の出展とは異なる場合がございます。予めご了承ください。

2016