ARCHIVES

ジャンルーカ・フランゾーニが明治とホワイトカカオによるチョコレートを開発!

2016.12.30

ドモーリの創始者として知られる、ジャンルーカ・フランゾーニ氏が、世界でも稀少とされる「ホワイトカカオ」を使用したチョコレートを株式会社明治と共同開発しました。サロン・デュ・ショコラ 東京で、数量限定販売予定です。

ホワイトカカオ

メキシコで収穫されたホワイトカカオ

ジャンルーカ・フランゾーニ氏は、1994年イタリア ピエモンテ州トリノでDOMORI(ドモーリ)社を設立。カカオの産地に自ら赴き、栽培、発酵の段階から手掛けた個性的なチョコレートを生み出してきました。ジャンルーカ氏は2016年夏からドモーリ社との関係を変え、「アドバイザー・名誉社長ともいえる」、より自由な立場となりました。その理由を「今後さらにカカオの研究を深くし、他ジャンルのプロジェクトにも広く関わりたいと考えたから」と話します。

ジャンルーカ氏と宇都宮洋之氏

ジャンルーカ氏と活動をともにする、株式会社 明治 菓子商品開発部 宇都宮洋之氏(写真右)は20年以上カカオの産地と関わってきたスペシャリスト

「私はカカオ産地での取り組みを大事にしていますが、明治も、同じ考え方でカカオ産地に入り込み、独自にカカオの開発を行っていました。私達は同じ方向を見ていたのです」(ジャンルーカ氏)。カカオへの考えが共鳴した2者は、共にホワイトカカオ(種が白いカカオ)が育つ、メキシコの農園を訪れました。

明治THE Chocolateメキシコホワイトカカオ50g

「明治THE Chocolateメキシコホワイトカカオ50g」「売価1620円(税込)」※サロン・デュ・ショコラ 東京2017で数量限定販売予定

試作・試食を重ねて完成した「明治THE Chocolateメキシコホワイトカカオ」は、ジャンルーカ氏が栽培指導を手掛けた、品質の高いホワイトカカオを使用。アーモンドのキャラメリゼ、ハチミツ、生クリームのような香りと味が広がります。

パッケージの白いカカオのデザインは、ホワイトカカオの象徴、カカオのオリジン・メキシコの国旗のイメージを取り入れています。

ジャンルーカ・フランゾーニ氏

ジャンルーカ・フランゾーニ氏

「明治がこれまで培ってきた高い技術と、私のノウハウを合わせれば、最高のチョコレートが作れると考えました」と話すジャンルーカ氏。今回の最新作から始まる、ジャンルーカ氏のこれからの活動にも注目です。

<ショコラコーディネーター 市川 歩美>

※掲載の記事やブランドは実際の出展とは異なる場合がございます。予めご了承ください。

2016