ARCHIVES

パスカル・ル・ガックの「フォンダンショコラ」が、日本に期間限定カムバック!

2017.01.27

サロン・デュ・ショコラの会場で、毎年大人気の「パスカル・ル・ガック」のブース。今年は、かつて日本で販売して話題となった「フォンダンショコラ」がリニューアルしてカムバックします。

パスカル・ル・ガックの「フォンダンショコラ」が日本で販売されるのは、3年ぶり。以前購入された方の間から「是非もう一度販売してほしい」というリクエストが多く、それに応える形で、今年は1日150個、限定販売されることになりました。
フォンダンショコラ1404円(2個入)(税込)

フォンダンショコラ1404円(2個入)(税込)※サロン・デュ・ショコラ 東京で限定販売

フォンダンショコラ1404円(2個入)(税込)

カットすると中はとろり

確かにいただいてみるとショコラファンなら幸せになれる味。外側はサクッとクリスピーで、センターはなめらか。電子レンジで温めるとショコラが中心からとろ~りと溶け出して、ショコラの香りが広がります。

実は今回日本で販売される「フォンダンショコラ」は、サン・ジェルマン・アン・レー(本店)で人気の味を、ル・ガック氏本人が、日本の材料を使って再現したもの。「日本とフランスでは小麦粉、卵、バター、砂糖、水や気候も違い、焼き時間や温度も変わりますので、私が求める味を得られるように、私が実際に、日本を訪れて作りました」と、パスカル・ル・ガックシェフ。
ル・ガック氏

パスカル・ル・ガックシェフ本人が日本でレシピを開発

フランスのサン・ジェルマン・アン・レーにある本店「パスカル・ル・ガック・ショコラティエ」で、「フォンダンショコラ」は定番のガトー。地元の方に愛され、海外から訪れる観光客にも人気です。
フォンダンショコラ

サン・ジェルマン・アン・レーにある本店にて

チョコレートの香りは高く、甘すぎず、ほのかにバニラの香り。本店のレシピは、ル・ガックシェフが2008年に自身のお店をオープンした時に、お店の看板になるようなフォンダンショコラを、とそれまで長年持っていたフォンダンショコラのレシピを見直し、チョコレートの種類を変えて作られたものです。

その味を、ル・ガックシェフ本人が日本で初めて再現。この「フォンダンショコラ」には、サン・ジェルマン・アン・レーで長年愛され続けている、やさしさがあります。

<ショコラコーディネーター 市川歩美>

※掲載の記事やブランドは実際の出展とは異なる場合がございます。予めご了承ください。

2017