NEWS

サロン・デュ・ショコラ限定 3つのセレクションボックスのご紹介

2018.11.18

毎年恒例、今年もスペシャルなボックスが登場!

毎年、さまざまなテーマでご用意する「サロン・デュ・ショコラ」限定のセレクションボックス。実力、人気ともに一流のシェフ達の豪華な共演により、今回も3つのボックスが実現しました。

フランス国家最優秀職人「M.O.F.」認定のシェフや、フランスのショコラ愛好家による会「Club des Croqueurs de Chocolat(クラブ・デ・クロクール・ドゥ・ショコラ」通称「C.C.C.」で最高評価を獲得したシェフ、最高峰のパティシエだけが加盟できる「ルレ・デセールのメンバーなどによる、このボックスのために作られた特別なショコラをセレクトしました。

 

開催17回目となる今年は<ナチュール>がテーマ。

ショコラの原材料であるカカオも、そこに合わせるさまざまな材料も、全ては自然の産物です。そうした自然の力に、年月を経て磨かれた人々の知恵と技術を掛け合わせて生まれる多様な味わい。作り手の個性が表現された品々を通じ、カカオ、ショコラの奥深さや素材の力をお楽しみください。

 

Nature ナチュール

キーワードは素材

シェフが惚れ込んだ素材とショコラをどう合わせるのか?合わせ方の妙から、一流の作り手の地域性や素材への向き合い方など、その個性を紐解きます。

 

★Point

  • サロン・デュ・ショコラを代表する16名のシェフが集結。うち2名はセレクションボックス初登場。
  • 素材の力とそれを高める表現や技術力など、シェフの魅力が光るショコラ。
  • ヴァニラ、蜂蜜、バーベナなど、さまざまな美味しさで新しい発見のあるボックス。

 

★Nature参加のシェフ

アンリ・ルルー

オテル・デュ・キャップ エデン=ロック

オリヴィエ・ヴィダル

カンタン・バイィ

クリスチャン・カンプリニ

クリスティーヌ・フェルベール

パティスリー・サダハル・アオキ・パリ

ジャン=ポール・エヴァン

ダヴィド・カピィ

キャラメル パリ

二コラ・ベルナルデ

パスカル・ル・ガック

フィリップ・ベル

フランク・ケストナー

フランソワ・ジメネーズ

フレデリック・アヴェッカー

 

Fruit フルーツ

自然の恵みを受け、その土地ごとの味わいで私たちを楽しませてくれるフルーツ。ショコラの原料カカオもフルーツのひとつ。さまざまな果実とカカオ、ショコラの相性を楽しめる12種類をセレクトしました。

 

★Point

  • フルーツをテーマに、各シェフの個性とフルーツへの愛が感じられる新しいクリエーション。
  • ショコラとフルーツの組み合わせで、幅広いお客さまにお楽しみいただけるセレクションボックス
  • パリのSDC創始者 フランソワ・ジャンテ氏がボックスをデザイン。

 

★Fruit参加のシェフ

オテル・デュ・キャップ エデン=ロック

オリヴィエ・ヴィダル

カンタン・バイィ

クリスチャン・カンプリニ

クリスティーヌ・フェルベール

セバスチャン・ブイエ

二コラ・ベルナルデ

パスカル・ル・ガック

パティシエ エス コヤマ

フランク・ケストナー

モリ ヨシダ

ル ショコラ ドゥ アッシュ

 

HAKKO 発酵

微生物などの働きによる発酵。人々は長い歴史の中でそれを活用し、欠かせない食材を数多く生み出してきました。おいしいショコラ作りにおいても、カカオの発酵は重要な工程奥深い発酵の世界を各シェフの解釈で仕上げた詰合せです。

 

★Point

  • カカオにフォーカスし、ショコラと発酵食品との掛け合わせなどでテーマを表現。
  • 自然の力がもたらす、発酵の奥深い味わいを感じていただける8種類のボンボンショコラ。

 

★HAKKO参加のシェフ

アルノー・ラエール

アンリ・ルルー

ジャン=ポール・エヴァン

セバスチャン・ブイエ

パティシエ エス コヤマ

ブルーノ ル デルフ

ル ショコラ ドゥ アッシュ

ローラン・デュシェーヌ

 

 

こちらの記事もおすすめです。

▶︎ SDC2019東京初出展の3ブランドのご紹介

▶︎ 注目の人気ショコラティエの新作のご紹介

▶︎ あの人気ショコラティエが再びSDC東京に登場

▶︎ 会場内で楽しめるテイクアウト&イートインのご紹介

 

 

※掲載の記事やブランドは実際の出展とは異なる場合がございます。予めご了承ください。

2018